京都・快適トレードライフ !

京都に住む個人投資家のブログです。 東京(青山)にも別宅をかまえ二地域居住を実践中 ! よろしくお願いします。

京都に住む個人投資家のブログです。 東京(青山)にも別宅をかまえ二地域居住を実践中 ! よろしくお願いします。

Fear: Trump in the White House
Bob Woodward
Simon & Schuster
2018-09-11


「 THE INSIDE STORY ON PRESIDENT TRUMP, AS ONLY BOB WOODWARD CAN TELL IT

With authoritative reporting honed through eight presidencies from Nixon to Obama, author Bob Woodward reveals in unprecedented detail the harrowing life inside President Donald Trump’s White House and precisely how he makes decisions on major foreign and domestic policies.

Woodward draws from hundreds of hours of interviews with firsthand sources, meeting notes, personal diaries, files and documents.

The focus is on the explosive debates and the decision-making in the Oval Office, the Situation Room, Air Force One and the White House residence.

Fear is the most intimate portrait of a sitting president ever published during the president’s first years in office.

レビュー

“A harrowing portrait of the Trump presidency . . . Again and again, Woodward recounts at length how Trump’s national security team was shaken by his lack of curiosity and knowledge about world affairs and his contempt for the mainstream perspectives of military and intelligence leaders.”—Phillip Rucker and Robert Costa, The Washington Post

“A damning picture of the current presidency.”—David Martin, CBS News

“An unprecedented inside-the-room look through the eyes of the President's inner circle. . . . stunning.”—CNN

“A devastating reported account of the Trump Presidency that will be consulted as a first draft of the grim history it portrays . . . What Woodward has written is not just the story of a deeply flawed President but also, finally, an account of what those surrounding him have chosen to do about it.”—Susan B. Glasser, The New Yorker

“In an age of ‘alternative facts’ and corrosive tweets about ‘fake news,’ Woodward is truth’s gold standard. . . . explosive . . . devastating . . . jaw-dropping.”—Jill Abramson, The Washington Post

“Woodward's latest book shows the administration is broken, and yet what comes next could be even worse.”—David A. Graham, The Atlantic

“[Woodward] is the master and I'd trust him over politicians of either party any day of the week.”—Peter Baker“Woodward . . . depicts the Trump White House as a byzantine, treacherous, often out-of-control operation . . . Mr. Woodward’s book has unsettled the administration and the president in part because it is clear that the author has spoken with so many current and former officials.”—Mark Landler and Maggie Haberman, New York Times

“The more heartening message from FEAR is that we still have institutions and individuals, including Bob Woodward, who will continue checking the most destructive instincts of Donald Trump.”—Joe Scarborough

“You can trust that Woodward has gone to inordinate lengths to get to the best obtainable version of the truth.”—Mike Allen, Axios

“I wonder how many journalists have arrived in Washington over the years dreaming of becoming the next Bob Woodward . . . Though his books are often sensational, he is the opposite of sensationalist. He’s diligent, rigorous, fastidious about the facts, and studiously ethical. There’s something almost monastic about his method . . . He’s Washington's chronicler in chief.”—Nick Bryant, BBC

“No, Bob Woodward is not a Democratic operative. He’s a highly respected journalist who has a track record of writing meticulously detailed books about presidents with an uncanny knack for getting behind-the-scenes details.”—POLITICO Playbook

“He’s got tapes. That’s what the Trump White House really did not understand until today, if they understand it even now.”—Lawrence O’Donnell, MSNBC

“I think you’ve always been fair.”—President Donald J. Trump, in a call to Bob Woodward, August 14, 2018

著者について

Bob Woodward is an associate editor at The Washington Post, where he has worked for forty-seven years. He has shared in two Pulitzer Prizes, first for the Post’s coverage of the Watergate scandal with Carl Bernstein, and second in 2003 as the lead reporter for coverage of the 9/11 terrorist attacks. He has authored or coauthored eighteen books, all of which have been national nonfiction bestsellers. Twelve of those have been #1 national bestsellers. 」
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドルと円―日米通商摩擦と為替レートの政治経済学
ロナルド・I. マッキノン
日本経済新聞社
1998-04


「 “外圧”が歪めた円と日本経済。
「為替調整により貿易不均衡は是正できる」という誤った経済理論。
それに基づく通商圧力が無用の円高を生み、
バブルをはじめ日本経済を混乱に陥れた―。
通商摩擦が景気循環、金融メカニズムに与えた影響を
理論・実証の両面から解明した注目の研究 」(内容紹介)
このエントリーをはてなブックマークに追加



「 東日本大震災後の円相場急騰を受けて叫ばれる「円高不況」論は本当か?
マーケットを知り尽くした元日銀外為チーフディーラーにして
現在、大学で教鞭を取る著者が、
「そもそも景気長期低迷の日本の円がなぜ高いか?」などの入門編から、
これまでベールに包まれてきた政府・日銀による市場介入の実際、
今後の展望まで、円高報道の誤解を丁寧に解きほぐしながら市場の真相へ導く。

山形県知事時代に財政再建・健全化を実現した経験・実績から
地方の中小・零細企業について講じる「超円高時代の地方の生き残り方」も必読!


著者略歴

齋藤/弘

1957年山形県生まれ。81年東京外大卒、
89年ジョンズ・ホプキンス大高等国際問題研究大学院(SAIS)修了。
日本銀行入行後、86~90年国際通貨基金(IMF)を経て、
外為チーフディーラーとして政府・日銀による市場介入を陣頭指揮。
その後、モンゴル外為市場創設向け知的技術支援、
BISバーゼル銀行監督委員会、
東南アジア・オセアニア中央銀行役員会議等国内外を奔走。
99年預金保険機構にて
特別公的管理銀行(旧長銀・日債銀)の破綻処理実務統括者として金融危機に対処 」(内容)
このエントリーをはてなブックマークに追加



「学び直しがとんでもなく面白くなる !

AI時代の新しい働き方を実現するためにもっとも重要なスキルが、「超」独学法である。

経済学、英語、ファイナンス理論、仮想通貨、人工知能など、
どんなジャンルも独学できた最先端かつ最強の勉強メソッドを初公開。

独学は、無限の可能性を持っている。

そのことをできるだけ多くの方に知っていただくために、本書は書かれた。

新しい勉強の時代が到来している。

勉強の必要性が高まるとともに、独学で勉強することが容易になった。

ウェブや検索を利用することによって、
20年前には想像もつかなかったほど効率的に独学を進めることができる。

このチャンスをうまく活かすことができるかどうかで、
その人の将来は大きく違うものになるだろう。

「勉強が必要だとは感じているが、どのように進めたらよいか分からない」と考えている人が多い。

そうした方々は、本書によって、独学がいかに効率的な勉強法であり、
しかも、楽しいものであるかを知っていただきたい。

そして、独学の素晴らしさを実感していただきたい。

それらの方々に対して、本書が新しい可能性を拓くガイドになることを望みたい。

日本の未来は、そうした人たちの努力によって拓かれていくだろう。

―本文「はじめに」より抜粋

【本書の目次】

第1章 独学の第一歩を踏み出そう
第2章 独学者たちの物語
第3章 私も独学で勉強した
第4章 独学は新しい働き方を可能にする
第5章 なぜ学校でなく独学のほうがよいのか?
第6章 独学を継続させるには
第7章 学ぶべきことをどのように探し出すか?
第8章 英語は独学でしかマスターできない
第9章 検索は独学の重要な道具
第10章 人工知能の時代に独学の必要性は高まる

AI時代の新しい働き方を実現するために最も重要なスキルが、「超」独学法である。
経済学、英語、ファイナンス理論、仮想通貨、人工知能など、
どんなジャンルも独学できた最先端かつ最強の勉強メソッドを初公開。

著者について

野口 悠紀雄:

1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業。
64年大蔵省入省。72年イェール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。
一橋大学教授、東京大学教授(先端経済工学研究センター長)、スタンフォード大学客員教授、
早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て
2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問。
一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。
ベストセラー多数。Twitterアカウント:@yukionoguchi10  」(内容紹介)
このエントリーをはてなブックマークに追加

賢者の投資
古賀 信行
東洋経済新報社
2015-12-18


「 日本のバブル崩壊、サブプライム問題、リーマンショック、欧州財政危機、
世界大恐慌、昭和恐慌、証券不況、アジア通貨危機、ニクソンショック、
共産圏の崩壊、オイルショック、ブラックマンデー、南海泡沫事件…。

金融危機や経済危機になると、株価、為替などの資産価格が大幅に下落しますが、
永遠に下落し続けることはなく、やがては反転し上昇します。
これは歴史が示す事実です。

危機の歴史を振り返り、その原因、財政出動、金融政策などの政策対応、
資産価格の反応を探ることで、継続投資の必要性の理解が深まります。

歴史を知っていれば、何がきっかけで相場が反転するのか、
パターン化して理解できます。

株価の急落時こそ投資する良いタイミングであり、
かつ投資継続が合理的であることが腑に落ちます。

また、そこから得られる教訓を知ることで、今見えている情報だけでは得られない、
投資家としての大事な勘所を養うことができます。

賢い投資家は、投資の世界でも歴史は繰り返すことを知っています。

だから、経済危機、金融危機をチャンスととらえて、
危機が進行する局面でも投資を継続しているのです。

投資家にとって、危機の歴史に学ぶことは、
相場の大局観を養い、長期で資産を増やすために大切なことです。

著者について

古賀 信行(コガ ノブユキ)

野村ホールディングス取締役会長
佐々木 文之(ササキ フミユキ)野村證券投資情報部  」
このエントリーをはてなブックマークに追加







「青山快適トレードライフ」:トップページに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加



「 車が暴走するデコボコ道路を裸足で闊歩。
泥酔して暴れ、ルーズで浪費好き、それがオーストラリア国民、オージー。
粗野でマイペースな彼らは、国際的に「おバカ」とも揶揄される。
しかしOECD調査の幸福度では4年連続「世界1位」。
相容れない「おバカ」と「幸福」が同居するのはなぜか?
在住18年の著者が、実体験とデータから秘密を探る。
領土問題やTPPなど、国際的課題を抱える「賢い」日本。
今こそ愛すべき「おバカ」大国から学べ!

出版社からのコメント

90年代後半には80万人を超える日本人が足を運び、近年では、
逆に訪日者数が過去最高を記録するなど、
国民の間でも活発な交流が続くオーストラリア。
国と国で見ても、集団的自衛権行使の憲法解釈を変更した一週間後には首相自ら訪問。
防衛協定と経済連携協定を結ぶなど、その関係はますます深化しています。
ただし、現実をみれば豊かすぎる自然に囲まれたまだ若い国ということもあって、
オーストラリアに粗野な面があることは否めません。
価値観も日本とはだいぶ異なり、「強けりゃ偉い」「嫌なら逃げろ」「他人の言うことは聞かない」……。
でも、その幸福度は世界1位。
グローバル化する世界で価値を持ち始めている、その理由とは?
オージーの世界を知れば、今日から幸せになれること間違いなし!

内容

犬は基本、放し飼い。泥酔文化にドラッグ蔓延。
移民に仕事を奪われ、失業保険で暮らす…。
そんなオーストラリアは、こんなに幸せな国だった!
おバカと幸福、相反する二つが同居する秘密を在住18年の著者が探る。
賢い日本、今こそ「おバカ大国」に学べ!

著者について

1965年、茨城県生まれ。国際調停人。大学で心理学を専攻後、講談社入社。編集者として 『週刊少年マガジン』『科学図書ブルーバックス』などを手がける。94年に退職後、オース トラリアの独立移住ビザを取得、現在までシドニーに在住。現地でカンタス航空機内誌の 副編集長を経て、編集プロダクションを運営。月刊誌やガイドブック製作などに携わりながら、移住・資産運用・法務サポートなどを行う。現在、日本経済新聞シドニー支局現地記者であり、ニューサウスウェールズ州治安判事、オーストラリア全国調停人協会認定調停人、 英国仲裁人協会会員。著書に「調停人のための、英国式調停プロセス解説」(著者運営サイトにて配信)。http://oroten.net/mediation ct@oroten.net

著者略歴

沢木/サニー祐二

1965年、茨城県生まれ。国際調停人。大学で心理学を専攻後、講談社に入社。
編集者として『週刊少年マガジン』、『科学図書ブルーバックス』などを手がける。
94年に退職後、オーストラリアの独立移住ビザを取得、現在までシドニーに在住。
現地でカンタス航空機内誌の副編集長を経て、編集プロダクションを運営。
月刊誌やガイドブック製作などに携わりながら、移住・資産運用・法務サポートなどを行う。
現在、日本経済新聞シドニー支局現地記者であり、
ニューサウスウェールズ州治安判事、オーストラリア全国調停人協会認定調停人、
英国仲裁人協会会員  」




「青山 &  京都ライフ」:トップページに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加



「 今から取り組む中小出版社のミソ帳

つくるタイミングは制作を頼むのに、何が必要 電子書籍に取次はあるのか、必要か
デザインはどうする電子図書館はどうなってる
印税・契約はどうする

著者について

1956年東京生まれ。ポット出版代表。
1987年にデザイン事務所を立ち上げ、その後1989年にポット出版を設立。
1999年、出版社5社で版元ドットコムをつくり、
書誌・書影情報のデータベース化、ウエブサイトでの公開、
書店・取次など業界各所への自動転送、実売情報のデータベース化などに取組む。
版元ドットコムは2006年4月に有限責任事業組合となり、
2018年2月現在の会員社は264社となっている。
2011〜2014年3月、版元ドットコムから出向し、出版デジタル機構の設立に携わる。
現在、研究チーム・電書ラボ、JPO出版情報登録センター管理委員。
ポット出版における電子書籍の取組みは、
2000年に.book(ドットブック)での電子書籍出版を皮切りに、
2012年からは、紙本とEPUBでの電子書籍の新刊同時発行を始める 」(内容紹介)




「青山 &  京都ライフ」:トップページに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加



「 KDP(Kindle Direct Publishing)は、Amazon Kindleストアで電子書籍を販売するサービスです。
ユーザー登録を行うだけで、個人でも簡単に書籍を売ることができ、
実際にAmazon Kindleストアでは大量の個人作成の書籍が販売されています。
本書は、Word 2013を使った電子書籍の作成方法やノウハウから、
Amazon Kindkeストアへの登録方法、販売のテクニックまでを紹介します。
KDPで自分の本を売ってみたい方にオススメです。

内容

電子書籍をKindleストアで出版しよう!
Amazonで電子書籍の自費出版!
WordでKindle本をらくらく作成!制作から販売までを完全サポート!
SigilやEPUBの応用技もフォロー!

著者略歴

加藤/和幸

株式会社テクネコ代表取締役。外資系IT企業でコンサルタントとして勤務した後、
アクセサリーブランド会社の情報システム部長を経て、2006年に株式会社テクネコを設立。
中小企業の業務改善を支援している。
KDPの可能性に早くから注目し、2013年より自社のノウハウをKDPで出版している 」(内容紹介)




「青山 &  京都ライフ」:トップページに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫 (文春新書)
中野 信子
文藝春秋
2018-07-20


「 なぜ不倫は減らないのか?なぜ不倫バッシングは激烈になるのか?
人類進化のミステリーに迫る「愛と背徳の脳科学」 不倫は危険です。
ひとたびバレれば、マスコミやネットで容赦なくバッシングされます。
有名人でなくても、社会的信用や家庭を失い、慰謝料など経済的なリスクも多大です。
しかし、これほど失うものが大きいとわかっているはずなのに、
なぜ不倫カップルがそこら中にいるのでしょう?
その謎を解くカギは「脳」にあります。
近年の脳科学の劇的な進歩によって、
「人類の脳の仕組みは一夫一婦制に向いているわけではない」ということがわかってきました。
人類の祖先を含む哺乳類の多くは一夫多妻や乱婚でした。
一夫一婦制が人類社内に根づき、「不倫=悪」という倫理観が出来たのは、
長い進化の歴史から見るとごく最近のことです。
今でも私たち人類の約5割は、「不倫型」の遺伝子を持っているのです。
また、私たちの生活には直接関係ないのに、
有名人の不倫が発覚するやいなや「バッシング祭り」が始まるのはいったいなぜなのでしょう?
そこには共同体の「フリーライダー」を検出して社会的制裁を加えたい
という人間の本質的な欲望があります。
「ズルをしておいしい思いをしている人」に敏感に反応し、
そうした人を叩きのめすことが「正義」と信じて、バッシングを繰り広げるのです。
また、バッシングには快楽がともなうという仕組みも、脳に備わっているのです。
本書は脳科学における最新の学術論文と科学的エビデンスをもとに、
不倫をめぐる謎を解き明かします。
興味深い動物実験、今では禁じられた危険な実験、
歴史に残る不倫物語なども豊富に盛り込まれ、サイエンスに疎い読者でも飽きさせません。
さらに、「自分は絶対バレない」と信じている人ほど危ない「認知の罠」など、
私たちの日常に直結するエピソードもご紹介。
美人すぎる脳科学者による刺激的すぎる一冊!   」(内容紹介)




「青山 &  京都ライフ」:トップページに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ