青山 & 京都 快適ライフ !

東京(青山)と京都の町中(堺町六角)の二地域居住を実践中の個人投資家のブログです。よろしくお願いします。



「 世界中でもっとも安心、確実、ストレスフリー米国ゼロクーポン債を知っていますか?
◆証券会社が「絶対に売りたくない商品」があった!
「え? 米国債なんて聞いたこともない」そう言われる人も多いでしょう。
それもそのはず、証券会社にとって、 自社にメリットをもたらさない
「米国債」という商品を広告、宣伝することは、ありませんでした。
結局、証券会社が売りたいのは、手数料がたくさん取れる商品です。
一度買ったら30年間、手数料を一度も取れない「米国債」は、
ラインナップから外したい商品なのです。
元本保証で、円安になれば、さらに殖える。
今、世界中で、もっとも安心・確実な投資法──それが米国債です。
◆金融リテラシーの高い人ほど米国債を購入している
たとえば私たちが支払う保険料を得た生命保険会社は、何に投資しているか?
実は「米国債」です。
日本や世界の富裕層も米国債を保有しています。
あるいは誰もが知っている グローバル企業や日本や中国の財務省も
米国債を大量に保有しているのが実際です。
◆「米国債」が日本人の老後の不安を解消します
老後の貯蓄は、「米国債」で個人的に運用すべきです。
「米国債」さえ買っておけば、老後の年金作りに、保険は不要です。
「米国債」の買い方は、いたって簡単。
証券会社に口座を作ったら、あとは年に1回電話するだけです。
それだけで、老後の資金を心配せず、安心した生活が送れる仕組みが作れるのです。
年金崩壊など、先行きに不安を抱える人が多い時代だからこそ、
多くの日本人に「米国債」のことを知ってもらい、老後の不安を解消してほしいのです。
◆バックマージンをもらっていない著者だからこそ書けた!
米国債のメリットが絶大なことは、誰にでもご理解いただけるはずです。
しかし、「手数料」で食べている証券会社や保険会社から見れば「隠しておきたい秘密」で、
今まで、タブーだったのは無理もありません。
では、そのタブーになぜ著者だけが切り込めたか? 
それは、著者がすでに金融業界を引退し、証券会社に媚びを売る必要もなく、
絶えず弱い立場におかれる一般人向けにフリーなスタンスで真実を述べることができるからです。
ぜひあなたも米国債のメリットについて、本書で確認してみてください。

著者について

杉山暢達(すぎやま のぶみち)

株式会社ゴールドハーツ代表。1967年大阪府生まれ。
1989年京都大学法学部を卒業後、ゴールドマン・サックス証券に入社。
2000年マネージングディレクター。
2004年パートナー(全社員の中の上位約300人)に選ばれるも、これを辞退。
2005年ゴールドマン・サックス証券を退職し、金融業界を引退。
現在はファイナンシャルプランナーとなり、株式会社ゴールドハーツを設立 」(内容紹介)





「青山 &  京都ライフ」:トップページに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加



「 レヴィ=ストロースが“発見”した親族の基本構造は、まさに現代数学の「群論」そのものであった。
それは20世紀の構造主義が、ヨーロッパの正統の流れを、
すなわち古代ギリシアにおける思弁と数学の幸福な結合を、現代に“再発見”したことを意味した。
そこから見えてくるものは何か。
プラトンのイデア数、ライプニッツの予定調和説、カントの認識論、
ヘーゲルの解析学/歴史観、ニーチェやオルテガの遠近法主義、フッサールの現象学、
さらに、中国周代の易に見る二進法、孟子における階級と関数概念など、
精緻な数学的アプローチと該博な知見から生みだされた、ユニークな比較思想史的論考。

著者略歴

山下正男

1931年、京都市生まれ。京都大学文学部哲学科卒業。
同大学人文科学研究所教授を経て名誉教授。
専攻課題は論理と数理の比較思想史的研究  」





「青山 &  京都ライフ」:トップページに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加



「 これは凄い本だ!
2008年のリーマン・ショック以降、
ウォール・ストリートは規制が強化され健全になった、と信じられてきたが、
その規制と民主化によって、
逆に市場は本当のイカサマ市場になってしまった――
その事実を白日の元にさらした衝撃のノンフィクション。
取引所も、SECも大手投資銀行もすべてグル。簒奪されるのは、善良な一般投資家だ!
証券市場の民主化によって
ニューヨーク証券取引所とNASDAQ以外の証券取引所が乱立するようになった2009年あたりから、
ディーラーたちは不思議な現象に悩まされるようになった。
コンピュータスクリーンが映し出す各証券市場の売値と買値で取引しようとすると、
ふっと売り物や買い物が消えてしまうのだ。
その値が消えて、買う場合だったら必ずそれより高い値で、
売る場合だったらそれより低い値で取引が成立してしまう。
ウォール・ストリートの二軍投資銀行に務めるブラッド・カツヤマは単身調査に乗り出す。
するとそこには、彼らの注文を10億分の1秒の差で先回りする
超高速取引業者「フラッシュ・ボーイズ」の姿があった…… 」(内容紹介)





「青山 &  京都ライフ」:トップページに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

史上最大のボロ儲け
グレゴリー・ ザッカーマン
CCCメディアハウス
2013-08-16


「 サブプライムローンの破綻を予測し、
一世一代の取引で150億ドルという巨万の富を手にした男がいる。
なぜ無名の投資家だった彼がバブルを見抜くことができたのか。
ウォール街の歴史を塗り替えた男の驚くべき舞台裏を明かす 」(内容紹介)





「青山 &  京都ライフ」:トップページに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加



「 ニューヨークといえば、おしゃれでクールな街というイメージがある。
しかし一方で、ドラッグや犯罪が横行する街という顔も存在する。
そのどちらもニューヨークであるならば、いったい普通のニューヨーカーは何を考え、
どのように暮らしているのであろうか。
本書では哲学教授が留学体験を通して、
ニューヨークに棲息する様々な人々の姿をリアルに描く。
人口の4割を占める移民。
出身国は167、言語の数は116に及ぶ。
様々な価値観の衝突のなかで、コミュニティの棲み分けが進み、
次第に人々は定着していく。
ニューヨークの繁栄の陰には移民たちの壮絶なサバイバル事情が隠されているのだ。
このような多人種社会では倫理など役に立たない。
生き延びるには論理で相手の弱点を攻めるしかない。
大学の授業もバトルそのもの。
教師も生徒も実力主義のシビアな世界なのだ。
ガイドブックには描かれていない、ニューヨークという街の本当の姿がよくわかる好著である 」

「 ニューヨークの人口は800万。
うち4割はアメリカ以外の出身者、6割は非白人である。
116もの言語が飛び交うこの街で、人々は何を考え、どのように暮らしているのだろうか。
本書は、日本の哲学教授が、
ニューヨークに棲息する多種多様な人々のサバイバル生活事情をリアルにレポート。
「ハーレムでは年収2万ドル」
「コリアン対メキシカンの悲しい人種戦争」
「マンハッタンのアパート事情」
「マルクスを知らないアメリカ左翼」等々。
移民国家で生きてゆくことの意味を考えた、異色の留学体験記。

著者略歴

堀川哲

1947年、神戸市生まれ。法政大学経済学部卒業後、同大学院博士課程修了。
現在、札幌大学経済学部教授。専攻は、現代思想、社会学  」(内容紹介)





「青山 &  京都ライフ」:トップページに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

それでも暮らし続けたいパリ
松本 百合子
主婦と生活社
2016-02-26


「本当に豊かな日常がここにある――。
コンビニはない !
街は暗い !
路上には犬のウンチもちらほら……。
生活するのには何かと不便で、面倒。
そして、おおざっぱなフランス人。
テロも起こるなど、危険もいっぱい !
それでも引き寄せられる、住み続けたいと思わせるフランスならではの魅力を
15年以上もパリに暮らす著者が伝えてくれます。
1章 古くて懐かしい街並みとおおざっぱな下町的人情味
2章 あっさりとは対極の面倒で愛あふれる距離感
3章 「飲む」「食べる」「しゃべる」「休む」すべて、ゆっくり、たっぷり
4章 不便とイライラがちりばめられた、人間的な日常
5章 暗い街にひそむ、美しき光と危ない影
6章 人生はドラマティックな舞台 !  」(内容紹介)





「青山 &  京都ライフ」:トップページに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加



「 ニュートン力学のあとを受けた18~19世紀は、熱をめぐる世紀となった。
なぜ熱だったのか?
本書は、科学者・技術者の実験や論理を丹念に原典から読みとり、
思考の核心をえぐり、
現代からは見えにくくなった当時の共通認識にまで肉薄する壮大な熱学思想史。
迫力ある科学ドキュメントでもある。
後世が断ずる「愚かな誤り」が実はいかに精緻であったかがじっくりと語られる。
新版ともいえる全面改稿の全3巻。
第1巻は、熱の正体をさぐった熱力学前史。化学者ラヴォアジェが熱素説の下で化学の体系化をなしとげ、より解析的に熱を取り扱う道が拓かれるまで。

著者略歴

山本義隆

1941年、大阪府生まれ。東京大学理学部物理学科卒業。同大学院博士課程中退  」(内容紹介)






「青山 &  京都ライフ」:トップページに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加




日本語を日本人の歴史から説いた無比の名著の復刊。






「青山 &  京都ライフ」:トップページに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

パリ再訪 (ビッグコミックススペシャル)
ブノワ ペータース
小学館
2018-05-28


「 松本大洋がリスペクトする世界の巨匠 !!
『闇の国々』で文化庁メディア芸術祭大賞を受賞した、
ヨーロッパ漫画界の巨匠スクイテン&ペータースの新作がオールカラー豪華版で登場!
時は2156年、地球を知らないカリンは、
宇宙コロニーを旅立ち、父と母が暮らした憧れの街・パリへ――――――

【作家プロフィール】

フランソワ・スクイテン Francois Schuiten1956年ベルギー・ブリュッセル生まれ。
1985年『狂騒のユルビカンド』でアングレーム国際漫画祭・最優秀作品賞を受賞。
2012年『闇の国々』で文化庁メディア芸術祭・大賞を受賞。
映像作家、建築デザイナーとしても活動し、
パリ地下鉄駅のデザインや愛知万博のベルギー館のデザインも手がける。

ブノワ・ペータース Benoit Peeters1956年フランス・パリ生まれ、ブリュッセル育ち。
作家・BD原作者。幼馴染のスクイテン氏と1983年より『闇の国々』シリーズを制作。
2012年同作で文化庁メディア芸術祭・大賞を受賞。
故・谷口ジロー氏とも親交が深く、
2012年フランスで谷口ジロー氏の伝記『L’HOMME QUI DESSINE』を出版。

【編集担当からのおすすめ情報】

松本大洋氏が憧れるフランス漫画界の巨匠 !!
「ペータースとスクイテンが作り出す世界は、まるで実在するよう。
一人でも多くの人に体験していただきたいです。」  」(内容紹介)





「青山 &  京都ライフ」:トップページに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

万葉集(現代語訳付)
佐佐木信綱
やまとうたeブックス
2018-06-29


「 佐佐木信綱博士の編になる岩波文庫版『万葉集』(新訂新訓本 昭和29・30年刊)に、
同博士の『評釈万葉集』(昭和29年完結)より抜き出した現代語訳を添えたものです。
全20巻4516首収録。広く・永く読み継がれてきた万葉集の校訂本文を、
格調高い訳文と共に読み味わって下さい。

※本文はリフロー型の電子テキストですので、語彙検索や文字サイズの拡大縮小、メモ機能・辞書機能などがご利用になれます 」(内容紹介)





「青山 &  京都ライフ」:トップページに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ