不倫 (文春新書)
中野 信子
文藝春秋
2018-07-20


「 なぜ不倫は減らないのか?なぜ不倫バッシングは激烈になるのか?
人類進化のミステリーに迫る「愛と背徳の脳科学」 不倫は危険です。
ひとたびバレれば、マスコミやネットで容赦なくバッシングされます。
有名人でなくても、社会的信用や家庭を失い、慰謝料など経済的なリスクも多大です。
しかし、これほど失うものが大きいとわかっているはずなのに、
なぜ不倫カップルがそこら中にいるのでしょう?
その謎を解くカギは「脳」にあります。
近年の脳科学の劇的な進歩によって、
「人類の脳の仕組みは一夫一婦制に向いているわけではない」ということがわかってきました。
人類の祖先を含む哺乳類の多くは一夫多妻や乱婚でした。
一夫一婦制が人類社内に根づき、「不倫=悪」という倫理観が出来たのは、
長い進化の歴史から見るとごく最近のことです。
今でも私たち人類の約5割は、「不倫型」の遺伝子を持っているのです。
また、私たちの生活には直接関係ないのに、
有名人の不倫が発覚するやいなや「バッシング祭り」が始まるのはいったいなぜなのでしょう?
そこには共同体の「フリーライダー」を検出して社会的制裁を加えたい
という人間の本質的な欲望があります。
「ズルをしておいしい思いをしている人」に敏感に反応し、
そうした人を叩きのめすことが「正義」と信じて、バッシングを繰り広げるのです。
また、バッシングには快楽がともなうという仕組みも、脳に備わっているのです。
本書は脳科学における最新の学術論文と科学的エビデンスをもとに、
不倫をめぐる謎を解き明かします。
興味深い動物実験、今では禁じられた危険な実験、
歴史に残る不倫物語なども豊富に盛り込まれ、サイエンスに疎い読者でも飽きさせません。
さらに、「自分は絶対バレない」と信じている人ほど危ない「認知の罠」など、
私たちの日常に直結するエピソードもご紹介。
美人すぎる脳科学者による刺激的すぎる一冊!   」(内容紹介)




「青山 &  京都ライフ」:トップページに戻る