賢者の投資
古賀 信行
東洋経済新報社
2015-12-18


「 日本のバブル崩壊、サブプライム問題、リーマンショック、欧州財政危機、
世界大恐慌、昭和恐慌、証券不況、アジア通貨危機、ニクソンショック、
共産圏の崩壊、オイルショック、ブラックマンデー、南海泡沫事件…。

金融危機や経済危機になると、株価、為替などの資産価格が大幅に下落しますが、
永遠に下落し続けることはなく、やがては反転し上昇します。
これは歴史が示す事実です。

危機の歴史を振り返り、その原因、財政出動、金融政策などの政策対応、
資産価格の反応を探ることで、継続投資の必要性の理解が深まります。

歴史を知っていれば、何がきっかけで相場が反転するのか、
パターン化して理解できます。

株価の急落時こそ投資する良いタイミングであり、
かつ投資継続が合理的であることが腑に落ちます。

また、そこから得られる教訓を知ることで、今見えている情報だけでは得られない、
投資家としての大事な勘所を養うことができます。

賢い投資家は、投資の世界でも歴史は繰り返すことを知っています。

だから、経済危機、金融危機をチャンスととらえて、
危機が進行する局面でも投資を継続しているのです。

投資家にとって、危機の歴史に学ぶことは、
相場の大局観を養い、長期で資産を増やすために大切なことです。

著者について

古賀 信行(コガ ノブユキ)

野村ホールディングス取締役会長
佐々木 文之(ササキ フミユキ)野村證券投資情報部  」