「学び直しがとんでもなく面白くなる !

AI時代の新しい働き方を実現するためにもっとも重要なスキルが、「超」独学法である。

経済学、英語、ファイナンス理論、仮想通貨、人工知能など、
どんなジャンルも独学できた最先端かつ最強の勉強メソッドを初公開。

独学は、無限の可能性を持っている。

そのことをできるだけ多くの方に知っていただくために、本書は書かれた。

新しい勉強の時代が到来している。

勉強の必要性が高まるとともに、独学で勉強することが容易になった。

ウェブや検索を利用することによって、
20年前には想像もつかなかったほど効率的に独学を進めることができる。

このチャンスをうまく活かすことができるかどうかで、
その人の将来は大きく違うものになるだろう。

「勉強が必要だとは感じているが、どのように進めたらよいか分からない」と考えている人が多い。

そうした方々は、本書によって、独学がいかに効率的な勉強法であり、
しかも、楽しいものであるかを知っていただきたい。

そして、独学の素晴らしさを実感していただきたい。

それらの方々に対して、本書が新しい可能性を拓くガイドになることを望みたい。

日本の未来は、そうした人たちの努力によって拓かれていくだろう。

―本文「はじめに」より抜粋

【本書の目次】

第1章 独学の第一歩を踏み出そう
第2章 独学者たちの物語
第3章 私も独学で勉強した
第4章 独学は新しい働き方を可能にする
第5章 なぜ学校でなく独学のほうがよいのか?
第6章 独学を継続させるには
第7章 学ぶべきことをどのように探し出すか?
第8章 英語は独学でしかマスターできない
第9章 検索は独学の重要な道具
第10章 人工知能の時代に独学の必要性は高まる

AI時代の新しい働き方を実現するために最も重要なスキルが、「超」独学法である。
経済学、英語、ファイナンス理論、仮想通貨、人工知能など、
どんなジャンルも独学できた最先端かつ最強の勉強メソッドを初公開。

著者について

野口 悠紀雄:

1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業。
64年大蔵省入省。72年イェール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。
一橋大学教授、東京大学教授(先端経済工学研究センター長)、スタンフォード大学客員教授、
早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て
2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問。
一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。
ベストセラー多数。Twitterアカウント:@yukionoguchi10  」(内容紹介)