「 東日本大震災後の円相場急騰を受けて叫ばれる「円高不況」論は本当か?
マーケットを知り尽くした元日銀外為チーフディーラーにして
現在、大学で教鞭を取る著者が、
「そもそも景気長期低迷の日本の円がなぜ高いか?」などの入門編から、
これまでベールに包まれてきた政府・日銀による市場介入の実際、
今後の展望まで、円高報道の誤解を丁寧に解きほぐしながら市場の真相へ導く。

山形県知事時代に財政再建・健全化を実現した経験・実績から
地方の中小・零細企業について講じる「超円高時代の地方の生き残り方」も必読!


著者略歴

齋藤/弘

1957年山形県生まれ。81年東京外大卒、
89年ジョンズ・ホプキンス大高等国際問題研究大学院(SAIS)修了。
日本銀行入行後、86~90年国際通貨基金(IMF)を経て、
外為チーフディーラーとして政府・日銀による市場介入を陣頭指揮。
その後、モンゴル外為市場創設向け知的技術支援、
BISバーゼル銀行監督委員会、
東南アジア・オセアニア中央銀行役員会議等国内外を奔走。
99年預金保険機構にて
特別公的管理銀行(旧長銀・日債銀)の破綻処理実務統括者として金融危機に対処 」(内容)