「 古い寺社は多いが歴史意識は薄く、技巧・虚構に親しむ。
けったいなもんオモロイもんを好み、町々に三奇人がいる。
「あっち」の世界への孔がいっぱいの「きょうと」のからくり――。
〈聖〉〈性〉〈学〉〈遊〉が入れ子になり都市の記憶を溜めこんだ路線、
京都市バス206番に乗った哲学者の温かな視線は
生まれ育った街の陰と襞を追い、
「平熱の京都」を描き出す  」





「京都ライフ」:トップページに戻る