青山 & 京都 快適ライフ !

東京(青山)と京都の町中(堺町六角)の二地域居住を実践中の個人投資家のブログです。よろしくお願いします。

カテゴリ: 京都移住

福岡はすごい (イースト新書)
牧野洋
イースト・プレス
2018-06-10


「 人口増加率、開業率、通勤の利便性、第1位!

福岡市=シリコンバレー ? ! ハリウッド ? ! 
なぜ「勝ち組」になれたのかなぜいま、福岡市なのか。
福岡について、出身者はもちろん、進学や転勤などで一時的に住んだ人も、
一様に口をそろえて「住みやすいまちだ」という。
その証拠に少子高齢化が進む日本において、福岡市の人口増加率は日本一になっている。
「世界で最も住みやすい二十五都市」のランキング上位の常連でもある。
だが、福岡の魅力は住みやすさだけではない。
福岡はいま、イノベーションや起業で先頭を走っているうえ、
成長するアジアの玄関口も担っている。
著者の牧野氏は、いまの福岡が「数十年前のアメリカ西海岸」に相当するポジションにあると分析する。
アメリカ西海岸といえばアップル、グーグル、マイクロソフト、アマゾン、フェイスブックのビックファイブが生まれた地である。
自動車産業などの凋落に見舞われたアメリカ経済を西海岸が救ったように、
開業率1位「日本の西海岸」福岡が、少子高齢化で「沈みゆく日本」を救うのではないか。
実際に東京、カリフォルニア、福岡に住んだ経験のあるジャーナリストが分析する。

第一章 すごい福岡とすごいアメリカ西海岸
第二章 住みやすさがすごい―人口率増加一位の秘密
第三章 起業家がすごい―日本のシリコンバレー
第四章 イノーベーションがすごい
第五章 都市戦略がすごい―「日本のシアトル」目指す
第六章 多様化がすごい―「人種のるつぼ」の可能性
第七章 エンターテインメントがすごい 」(内容紹介)

「 なぜ、いま福岡市なのか。
少子化が深刻な日本で、福岡市の人口増加率は東京を抜き、全国で一位だ。
その「住みやすさ」が注目され、「住みやすい都市ランキング」で世界第七位になったこともある。
だが、魅力はそれだけではない。
福岡はいま、イノベーションや起業で先頭を走っている。
著者は、福岡が数十年前のアメリカ西海岸に相当すると分析する。
アメリカ西海岸にはアップルやグーグル等がある。
アメリカ経済を西海岸が救ったように、
「日本の西海岸」福岡が、日本経済を救うのではないか。
福岡、アメリカ西海岸に住んだ経験のあるジャーナリストが分析する 」(内容)

著者について

牧野洋(まきの・よう)1960年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒、
米コロンビア大学大学院ジャーナリズムスクール修了。
日本経済新聞社でニューヨーク特派員や編集委員を歴任し2007年に独立。
現在は早稲田大学大学院ジャーリズムスクール非常勤講師。
2008~13年はカリフォルニア在住、2013~16年は福岡在住。
著書に『米ハフィントン・ポストの衝撃』(アスキー新書)、
『共謀者たち』(河野太郎との共著、講談社)、『官報複合体』(講談社)、
『不思議の国のM&A』(日本経済新聞出版社)、
『最強の投資家バフェット』(日経ビジネス人文庫)、
訳書に『ビジョナリーカンパニー4』(日経BP社)、
『ランド 世界を支配した研究所』(文藝春秋)などがある。




「京都ライフ」:トップページに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

熱海の奇跡
市来 広一郎
東洋経済新報社
2018-06-01


「 大前研一氏、木下斉氏推薦 !

「衰退した観光地」の代名詞となっていた熱海はなぜ再生できたのか
Uターンしゼロから街の再生に取り組んだ著者を通して見えてくる、
人口減少時代の魅力ある地域づくりのあり方。

◆推薦の言葉

大前研一「単年度予算で動く行政を民間が補完して町の魅力作りを長期的に推進する格好のモデル。著者が代表を務め、熱海を活性化しているNPO法人atamistaの実績から多くのヒントが得られる」

木下 斉「この本は地元に戻り、仲間と小さな事業を立ち上げ、成長させることが、まちの再生に繋がることを教えてくれる。読み終えたら、多くの人が挑戦したくてウズウズするだろう刺激に満ちた一冊だ」

◆著者の言葉

この本では、熱海で私たちが培った経験を、可能な限りお話ししました。
ビジネスの手法でまちづくりをすることは、
熱海だけに使えるやり方というのではなく、日本全国どこの地域でも使えると思うのです。
なぜなら、かつての熱海の衰退は、
日本全国の地方の衰退と同じ構造で起こったからです。(プロローグより)

著者について

市来 広一郎(イチキ コウイチロウ)

株式会社machimori代表取締役。NPO法人atamista代表理事。
一般社団法人熱海市観光協会理事。一般社団法人ジャパン・オンパク理事。
一般社団法人日本まちやど協会理事。1979年静岡県熱海市生まれ。
東京都立大学(現首都大学東京)大学院理学研究科(物理学)修了後、
IBMビジネスコンサルティングサービス(現日本IBM)に勤務。
2007年熱海にUターンし、ゼロから地域づくりに取り組み始める。
遊休農地再生のための活動「チーム里庭」、
地域資源を活用した体験交流プログラムを集めた「熱海温泉玉手箱(オンたま)」を熱海市観光協会、
熱海市と協働で開始、プロデュース。2011年民間まちづくり会社machimoriを設立、2012年カフェ「CAFE RoCA」、2015年ゲストハウス「guest house MARUYA」をオープンし運営。
2013年より静岡県、熱海市などと協働でリノベーションスクール@熱海も開催している。
2016年からは熱海市と協働で「ATAMI2030会議」や、
創業支援プログラム「99℃」なども企画運営している  」




「京都ライフ」:トップページに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

死ぬなら、京都がいちばんいい [ 小林玖仁男 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2018/5/23時点)

<楽天ブックス>






「京都ライフ」:トップページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加

京都というのは、今や、世界的な人気の観光地だ。

清水寺や金閣寺といった京都を代表する名所や
錦市場は内外の観光客で溢れかえっている。

では、このような観光地に住まう、、、というのは
いったいどのようなことなのだろう ?

そして、京都という観光地に住むメリットとデメリットとは
それぞれ具体的にどのようなものだろう ?

たとえば、サクラや紅葉の季節、銀閣寺、南禅寺、知恩院、清水寺と
観光地の多くが集まっている東山界隈を南北に走る
東大路など、車が渋滞して前に進まない、、、、、
ということが例年起こる。

銀閣寺界隈に住んでいる生活者などは、
この時期、四条河原町などの町中に出てくることや、
京都駅に行く、、、、ということさえままならないらしい。

普段利用しているカフェやレストランが
サクラや紅葉の季節、
観光客に占拠され、
カフェ難民、レストラン難民になる、、、、
といった笑えない話もきく。

これなどは、京都という一大観光地に住まうことの
デメリットそのものだろう。

他方、メリットの方は、、、、というと、
京都という街が、そもそもその人口に比較して
恵まれすぎた水準の文化面、社会面でのインフラを
享受できる、、、ということがその筆頭だろう。

そして、これまた京都が日本を代表する観光地ならでは、、、、のことなのだ。

たとえば、あれだけの数の老舗料亭やホテル、旅館、
和菓子や漬物などの食品産業、カフェ、
美術館などの文化施設、花街などが
京都という街に存在しえるのも、
観光客による需要(消費)を前提にしてこそ、、、だ。

ようするに、京都というのは、
地元の住民や企業だけでは決して成り立たない
高い水準の文化的、経済的メリットを、
観光客需要によって維持している街だ、、、
ということができる。

街全体から見れば(マクロ的には)
観光地であることのメリットがデメリットを
はるかに凌いでいることは明らかだが、

他方、住民個々の立場にたってみれば(ミクロ的には)、
サクラや紅葉の季節、行動もままならない、、、、
というような地域の住民などは、
もう少し静かにならないものか、、、、
と想うのも、これまた無理もないことなのだろう。

(追記)

最近流行りの言葉でいえば、
京都というのはレバレッジの効いた街だ
、、、、ということができる。

そして、外需(他府県や海外からの
観光客による需要)によって
需要曲線が上方にシフトし、
均衡点の引き上げられた質量ともに高い水準の
食文化などを、いながらにして享受できるのが、
京都に住まうということなのだ。

さらに言えば、
そうした京都の特性(比較優位)に目をつけ、
京都に生活の拠点を移す意識的な行為が、「京都移住」
というものの本質 なのだろう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

京都人 = イケズ説 というのが根強くある。

そして、それをもって、
京都に移住するのだけは止めたほうがいい、、、
という方もおられる。

実際はどうなのか ?

京都に移住して4年たった私の経験から結論的に言うと
(芸人の小島よしおさん流にいうと)

「そんなの関係ねぇ ! 」 

ただ、これは私がマンション暮しをしている
ことが大きいかもしれない。

マンション暮しをしていると、
近隣トラブル(めいたこと)も、
管理人を通じた 「間接話法」 で解決できる。

これが、もし、人間関係(京都人とのつきあい)が直接的にならざるをえない
戸建てや長屋だったら、、、、
と想うとやはり少し考える ( というか、足が竦む ? )

マイアドバイスは、
京都に移住するなら(少なくとも京都人に慣れるまでは ? )
マンションがオススメ ! 
というもの。

これ、意外と重要な点のような気がしますよ !



「京都ライフ」:トップページに戻る






このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ