青山 & 京都 快適ライフ !

東京(青山)と京都の町中(堺町六角)の二地域居住を実践中の個人投資家のブログです。よろしくお願いします。

カテゴリ: 京都人論

京都ぎらい (朝日新書)
井上章一
朝日新聞出版
2015-09-11


「 あこがれを集める歴史の都・京都 !
そんな古都を「きらい」と明言するのは、 京都育ちで、ずっと京都に住んでいる著者だ。
千年積もった洛中人の毒や、 坊さんと舞子さんとのコラボレーションなど、
「こんなん書いてええのんか?」という衝撃の新京都論。

【目次】

一. 洛外を生きる
・京都市か、京都府か
・さまざまな肥やし
・京都弁の「桃太朗」
・山科もきらわれて
・宇治もまた、ゆるされず
・首都のメディア、におだてられ
・山の彼方の空遠く
・ハゲとデブ
・京へいく老人たち
・KYOTOがしめすもの
・ブラジルの日本像
二. お坊さんと舞子さん
・芸者か、芸子か
・呉服と映画の時代は、すぎさって
・姫
・坊主
・ミニスカートにそそられる
・男を忘れた僧侶たち
・女色に食傷する、その日まで
・檜舞台の舞子たち
三. 仏教のある側面
・北山の大伽藍
・写真とイラスト
・ライトアップでカップルは
・「古都税」闘争
・庭園秘話
・「おもてなし」をさかのぼる
四. 歴史のなかから、見えること
・皇居という名の行在所
・京都で維新を考える
・落日の鞍馬山、そして嵐山
・京都をささえた江戸幕府
・江戸と京都の建設事情
・「五山の送り火」と言いなさい
・銀座のさきがけ
五. 平安京の副都心
・嵯峨、亀山、小倉山
・南朝の夢の跡
・南北朝と嵯峨室町
・鎮魂の寺
・天龍寺と法隆寺
・オカルトからは、ときはなたれて
・儒学者と講釈師
・日の丸、君が代そして靖国  」

「 あなたが旅情を覚える古都のたたずまいに、じっと目を凝らせば…。
気づいていながら誰もあえて書こうとしなかった数々の事実によって、
京都人のおそろしい一面が鮮やかに浮かんでくるにちがいない。
洛外に生まれ育った著者だから表現しうる京都の街によどむ底知れぬ沼気(しょうき)。
洛中千年の「花」「毒」を見定める新・京都論である。

著者略歴

井上/章一

1955年、京都府生まれ。京都大学工学部建築学科卒、同大学院修士課程修了。
京都大学人文科学研究所助手ののち現在、国際日本文化研究センター教授。
同副所長。専門の建築史・意匠論のほか、日本文化について、
あるいは美人論、関西文化論などひろい分野にわたる発言で知られる  」



「京都ライフ」:トップページに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

読む京都
入江 敦彦
本の雑誌社
2018-03-06

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ