青山 & 京都 快適ライフ !

東京(青山)と京都の町中(堺町六角)の二地域居住を実践中の個人投資家のブログです。よろしくお願いします。

カテゴリ: お得情報

IMG_8781
最近、四条烏丸の金融機関に行った際などに
よく立ち寄るカフェの1つが、写真のプロント。

理由の1つが、楽天ポイントが使えること。

生命保険料などを楽天カード払いにしていると、
知らないうちにかなりの額の楽天ポイントが貯まってくるものだが、
京都の町中で暮らしていると、
大概の買い物は近くのリアル店舗でできるし、その方が楽しいから、
正直ネット通販で買うものはあまりない。

ならば、、、、ということで、最近始めたのが、
楽天ポイントが使えるリアル店舗を意識的に利用すること。

プロントもその1つ。

ちなみに、拙宅の近くで楽天ポイントが使えるリアル店舗としては、
ドラッグストアのダイコクやモスバーガーなどがある。

また、ローソンでは、楽天ポイントカードは使えないが、
楽天ペイでポイント払いを選択すると楽天ポイントが使える。

また、ビックカメラでも楽天ポイントが使えるようになる予定らしいから、
京都駅界隈に出かけた際などビックカメラで
まとまった額の楽天ポイントを使うというのも
将来ありかも、、、、

次は、最近出た京都グルメガイドではイチオシの
「京都おいしい店カタログ 」
 とその内容紹介。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加





楽天の、食品やドリンク、お酒を販売する店舗が数多く集まる、月に一度の人気企画。
 
楽天で販売されている様々な人気食品が、10%OFFで買える非常におトクな企画 !

(対象ショップで3,000円(税込)以上の購入で使える10%OFFのクーポンがユーザーに付与されます)
-クーポン獲得期間-
2018年4月27日(金)10:00 ~ 2018年5月8日(火)9:59
-クーポン利用期間-
2018年5月1日(火)10:00 ~ 2018年5月8日(火)9:59






「京都ライフ」:トップページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加



京都の町中に住んでいると、
たいがいのところには歩いていけるから、
電車に乗ってどこかに出かける、、、、
という機会はあまり多くないのだが、
 
春のサクラや秋の紅葉の時期など、
京阪電車や阪急電車の沿線には、
名所と呼ばれる場所が多いから、
それらを利用することも多くなる。

そんなとき悩ましいのが回数券。

特に、土日回数券など、
10枚分の料金で14枚ついてくるから、
随分有利なのだが、
問題はその枚数。

有効期限である三か月(強)の間に
使い切れるか、、、、となると
はなはだ疑問なのだ。

こんなとき便利なのが、阪急電車のハーフ回数券。
金額も枚数も、
正規の回数券の半分の回数券で、
有効期間は正規のものと同じ。

土日回数券で、ハーフだと
5枚分の料金で7枚になり、
これなら、なんとか使い切れるかな ?
という感じの枚数だ。

京阪電車も、このハーフ回数券というの、
導入してくれないかな ?

冒頭に掲げたのは、「京都 のりもの案内」の2018年版。
以下は、その内容紹介。

「 【2018年3月17日新発売の『バス一日券』・『地下鉄・バス一日券』に対応! 】

【市バス増便のため、27号系統・51号系統・岡崎ループ・二条城金閣寺エクスプレスのダイヤを追加! 】

【『地下鉄・バス一日券』で山科・醍醐地域の京阪バスの利用が可能となりました! 】

平成30年3月17日の京都観光の主力交通機関である京都市バス等の路線及びダイヤの改正に対応!
その他、地図情報や拝観情報を更新しました!

京都の修学旅行、自主研修、遠足、観光に。事前学習と現地携帯で安心の京巡り。

のりもの案内、詳細エリア地図、時刻表、路線図、拝観・見学データを掲載。(掲載ダイヤは約600件)
京都のバス、電車を自由自在に乗りこなすための便利な一冊、それが「乗る&歩く京都編」です。

■主な充実ポイント
*のりもの案内表組の乗換えの説明がより分かりやすくなりました。(乗換時の降り場と乗り場を表 記)
*文字、のりもの案内表組が大きくなりました。特に時刻表の数字が大きくなり、カラー化で見やすく なりました。
*エリア地図間の隙間がなくなるように繋げて、他のページへの移動が分かりやすくなりました。
*見学物件紹介をそのエリア地図の見開き内でガイド。旅行計画が立てやすくなります。時間がある場 合には近くのスポットにも寄り道できます。
*エリア地図上で市バスは、系統番号を表示しました。市バスの経路が分かり、お近くのバス停からの 乗車に便利です。
また、エリア内の移動が一目で分かり、メインスポット以外にも近くのスポットに寄り道できます。
*「のりもの路線図」を別紙から本冊内の見開きで掲載しました。バスの経路確認がよりスムーズに行 えます。(従来「のりもの路線図(裏面)」掲載の乗換えに便利なバス停案内も本冊内に掲載)
*新コラム「京都の概観と気温」を掲載  」(内容紹介)






「京都ライフ」:トップページに戻る



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ