京都・快適トレードライフ !

京都に住む個人投資家のブログです。 東京(青山)にも別宅をかまえ二地域居住を実践中 ! よろしくお願いします。

カテゴリ: 投資のこと







「青山快適トレードライフ」:トップページに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

新版 中源線建玉法
林 輝太郎
林投資研究所
2016


「「うねり取り」を実現するための機械的な判断ルールと、その使い方を解説した技術書。
日々の終値を結んだシンプルな折れ線チャートによる陰陽の判断、
および3分割のポジション操作が規定されている。
売買ルール(ロジック)は、実践者の感覚を数式に落とし込んだものなので、
感覚と結びつけながら実践していくのに適している。
機械的売買に慣れたあとは独自のルールを加えるなど、
好みに合わせてアレンジすることも可能。
普遍的な判断基準であるため、1974年の発売いらい、
ルールを変更することなくロングランで売れ続けている。
2016年7月に新版発行。
システムトレードのツールとして、ひと味ちがう裁量トレードのツールとして、
またプロの売買を学ぶための練習道具として、多くの投資家に愛され続けています。

--目次--

【第一部 解説】 中源線の歴史と特長、林投資研究所の取り組みなど。
【第二部 本文】 中源線のルールが中心。陰陽転換、仕掛け、手仕舞い、運用など。
【第三部 注解と事例】 第二部の補足説明。図解入りで詳しく解説されている。
【第四部 実践と実験】具体的な取り組み方に加え、過去データによる検証結果も豊富  」(内容紹介)





「青山 &  京都ライフ」:トップページに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加



「この1冊でテクニカル分析のすべてをマスターできる!
世界的権威が著したテクニカル分析の決定版!
テクニカル分析の教科書――
『投資苑』を超える圧倒的実例<目で見てよくわかる<チャート400以上掲載> 
1980年代後半に世に出された『先物市場のテクニカル分析』は大反響を呼んだ。
そして、先物市場のテクニカル分析の考え方とその応用を記した前著は瞬く間に古典となり、
今日ではテクニカル分析の「バイブル」とみなされている。 
そのベストセラーの古典的名著の内容を全面改定し、増補・更新したのが本書である。
本書は各要点を分かりやすくするために400もの生きたチャートを付け、解説をより明快にしている。
●テクニカル分析とチャート作成の基礎
●トレンドとチャート分析の基礎として知っておかなければならないこと
●価格パターン――主要な反転パターンや継続パターン
●各種分析手法――移動平均、オシレーター、コントラリーオピニオン、その他の知っておくべき指標
●サイクル、マネーマネジメント、トレード戦略 
また、前著の改定増補版である本書は高まる需要に応じて、
対象を金融市場全体(株式、金利、株価指数、FX)にまで広げ、
この記念碑的著作の完全なる全面改訂を行った。
前著で好評だった内容の明晰性・簡潔性・論理性を保持しながら、
本書は新しく登場したチャート手法やチャート作成技法、
また変化の早い分野での最近の成果を盛り込んでいる。
各章で内容を一新し、多くのチャートを更新し、以下のような内容を新たに追加した。
●株式市場の指標――値上がり銘柄と値下がり銘柄の対比。新高値と新安値の対比。値上がり銘柄の出来高と値下がり銘柄の出来高の対比。その他、マーケットブレドゥスを測るためのツールとトレンドの変化を前もって知るためのツールを紹介
●ローソク足――値動きがコンピューター画面から目に飛び込んでくるようなビジュアル性に富んだ魅力的なチャートであるローソク足の最良な使用法を解説
●市場間分析――市場分析に欠くことのできない各市場間の相互関係を明快かつ的確な解説
●コンピューターとトレードシステム、そしてトレードシステム構築の要点
●上級テクニカル指標――DI、HPI、STARCバンドとケルトナーチャネル
●マーケットプロファイル 初心者から上級者までのあらゆるレベルのトレーダーにとって有益な本書のテクニカル分析の解説を読むことで、チャートの基本的な初級から上級までの応用から最新のコンピューター技術と分析システムの最前線までを一気に知ることができるだろう 」(内容紹介)





「青山 &  京都ライフ」:トップページに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加



「 世界中でもっとも安心、確実、ストレスフリー米国ゼロクーポン債を知っていますか?
◆証券会社が「絶対に売りたくない商品」があった!
「え? 米国債なんて聞いたこともない」そう言われる人も多いでしょう。
それもそのはず、証券会社にとって、 自社にメリットをもたらさない
「米国債」という商品を広告、宣伝することは、ありませんでした。
結局、証券会社が売りたいのは、手数料がたくさん取れる商品です。
一度買ったら30年間、手数料を一度も取れない「米国債」は、
ラインナップから外したい商品なのです。
元本保証で、円安になれば、さらに殖える。
今、世界中で、もっとも安心・確実な投資法──それが米国債です。
◆金融リテラシーの高い人ほど米国債を購入している
たとえば私たちが支払う保険料を得た生命保険会社は、何に投資しているか?
実は「米国債」です。
日本や世界の富裕層も米国債を保有しています。
あるいは誰もが知っている グローバル企業や日本や中国の財務省も
米国債を大量に保有しているのが実際です。
◆「米国債」が日本人の老後の不安を解消します
老後の貯蓄は、「米国債」で個人的に運用すべきです。
「米国債」さえ買っておけば、老後の年金作りに、保険は不要です。
「米国債」の買い方は、いたって簡単。
証券会社に口座を作ったら、あとは年に1回電話するだけです。
それだけで、老後の資金を心配せず、安心した生活が送れる仕組みが作れるのです。
年金崩壊など、先行きに不安を抱える人が多い時代だからこそ、
多くの日本人に「米国債」のことを知ってもらい、老後の不安を解消してほしいのです。
◆バックマージンをもらっていない著者だからこそ書けた!
米国債のメリットが絶大なことは、誰にでもご理解いただけるはずです。
しかし、「手数料」で食べている証券会社や保険会社から見れば「隠しておきたい秘密」で、
今まで、タブーだったのは無理もありません。
では、そのタブーになぜ著者だけが切り込めたか? 
それは、著者がすでに金融業界を引退し、証券会社に媚びを売る必要もなく、
絶えず弱い立場におかれる一般人向けにフリーなスタンスで真実を述べることができるからです。
ぜひあなたも米国債のメリットについて、本書で確認してみてください。

著者について

杉山暢達(すぎやま のぶみち)

株式会社ゴールドハーツ代表。1967年大阪府生まれ。
1989年京都大学法学部を卒業後、ゴールドマン・サックス証券に入社。
2000年マネージングディレクター。
2004年パートナー(全社員の中の上位約300人)に選ばれるも、これを辞退。
2005年ゴールドマン・サックス証券を退職し、金融業界を引退。
現在はファイナンシャルプランナーとなり、株式会社ゴールドハーツを設立 」(内容紹介)





「青山 &  京都ライフ」:トップページに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

勝てるROE投資術
広木 隆
日本経済新聞出版社
2014-11-18


マネックス証券のアナリストの広木さんによると、
「(株主総会が過ぎると投資家のもとに配当金が振り込まれる。この再投資で株価は例年堅調になる)日経平均算出以来の日付別上昇確率を見ると、6月30日と7月1日は上昇の特異日だ。6月30日は39勝17敗で上昇確率69.6%、7月1日は36勝17敗で67.9%と7割近い上昇率である。アベノミクス相場が始まった2013年以降の6月最終営業日7月第1営業日の騰落を見ると下げたのは昨年2017年の6月最終営業日の1回だけである 」らしい。

いずれにせよ、6月最終営業日 7月第1営業日  は注目 !





「青山 &  京都ライフ」:トップページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ