京都・快適トレードライフ !

京都に住む個人投資家のブログです。 東京(青山)にも別宅をかまえ二地域居住を実践中 ! よろしくお願いします。

カテゴリ:投資のこと > 外国為替 & FX

ドルと円―日米通商摩擦と為替レートの政治経済学
ロナルド・I. マッキノン
日本経済新聞社
1998-04


「 “外圧”が歪めた円と日本経済。
「為替調整により貿易不均衡は是正できる」という誤った経済理論。
それに基づく通商圧力が無用の円高を生み、
バブルをはじめ日本経済を混乱に陥れた―。
通商摩擦が景気循環、金融メカニズムに与えた影響を
理論・実証の両面から解明した注目の研究 」(内容紹介)
このエントリーをはてなブックマークに追加



「 東日本大震災後の円相場急騰を受けて叫ばれる「円高不況」論は本当か?
マーケットを知り尽くした元日銀外為チーフディーラーにして
現在、大学で教鞭を取る著者が、
「そもそも景気長期低迷の日本の円がなぜ高いか?」などの入門編から、
これまでベールに包まれてきた政府・日銀による市場介入の実際、
今後の展望まで、円高報道の誤解を丁寧に解きほぐしながら市場の真相へ導く。

山形県知事時代に財政再建・健全化を実現した経験・実績から
地方の中小・零細企業について講じる「超円高時代の地方の生き残り方」も必読!


著者略歴

齋藤/弘

1957年山形県生まれ。81年東京外大卒、
89年ジョンズ・ホプキンス大高等国際問題研究大学院(SAIS)修了。
日本銀行入行後、86~90年国際通貨基金(IMF)を経て、
外為チーフディーラーとして政府・日銀による市場介入を陣頭指揮。
その後、モンゴル外為市場創設向け知的技術支援、
BISバーゼル銀行監督委員会、
東南アジア・オセアニア中央銀行役員会議等国内外を奔走。
99年預金保険機構にて
特別公的管理銀行(旧長銀・日債銀)の破綻処理実務統括者として金融危機に対処 」(内容)
このエントリーをはてなブックマークに追加







「青山快適トレードライフ」:トップページに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加



「 世界中でもっとも安心、確実、ストレスフリー米国ゼロクーポン債を知っていますか?
◆証券会社が「絶対に売りたくない商品」があった!
「え? 米国債なんて聞いたこともない」そう言われる人も多いでしょう。
それもそのはず、証券会社にとって、 自社にメリットをもたらさない
「米国債」という商品を広告、宣伝することは、ありませんでした。
結局、証券会社が売りたいのは、手数料がたくさん取れる商品です。
一度買ったら30年間、手数料を一度も取れない「米国債」は、
ラインナップから外したい商品なのです。
元本保証で、円安になれば、さらに殖える。
今、世界中で、もっとも安心・確実な投資法──それが米国債です。
◆金融リテラシーの高い人ほど米国債を購入している
たとえば私たちが支払う保険料を得た生命保険会社は、何に投資しているか?
実は「米国債」です。
日本や世界の富裕層も米国債を保有しています。
あるいは誰もが知っている グローバル企業や日本や中国の財務省も
米国債を大量に保有しているのが実際です。
◆「米国債」が日本人の老後の不安を解消します
老後の貯蓄は、「米国債」で個人的に運用すべきです。
「米国債」さえ買っておけば、老後の年金作りに、保険は不要です。
「米国債」の買い方は、いたって簡単。
証券会社に口座を作ったら、あとは年に1回電話するだけです。
それだけで、老後の資金を心配せず、安心した生活が送れる仕組みが作れるのです。
年金崩壊など、先行きに不安を抱える人が多い時代だからこそ、
多くの日本人に「米国債」のことを知ってもらい、老後の不安を解消してほしいのです。
◆バックマージンをもらっていない著者だからこそ書けた!
米国債のメリットが絶大なことは、誰にでもご理解いただけるはずです。
しかし、「手数料」で食べている証券会社や保険会社から見れば「隠しておきたい秘密」で、
今まで、タブーだったのは無理もありません。
では、そのタブーになぜ著者だけが切り込めたか? 
それは、著者がすでに金融業界を引退し、証券会社に媚びを売る必要もなく、
絶えず弱い立場におかれる一般人向けにフリーなスタンスで真実を述べることができるからです。
ぜひあなたも米国債のメリットについて、本書で確認してみてください。

著者について

杉山暢達(すぎやま のぶみち)

株式会社ゴールドハーツ代表。1967年大阪府生まれ。
1989年京都大学法学部を卒業後、ゴールドマン・サックス証券に入社。
2000年マネージングディレクター。
2004年パートナー(全社員の中の上位約300人)に選ばれるも、これを辞退。
2005年ゴールドマン・サックス証券を退職し、金融業界を引退。
現在はファイナンシャルプランナーとなり、株式会社ゴールドハーツを設立 」(内容紹介)





「青山 &  京都ライフ」:トップページに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ