京都・快適トレードライフ !

京都に住む個人投資家のブログです。 東京(青山)にも別宅をかまえ二地域居住を実践中 ! よろしくお願いします。

カテゴリ: kindle 電子書籍の世界



「 ニューヨークといえば、おしゃれでクールな街というイメージがある。
しかし一方で、ドラッグや犯罪が横行する街という顔も存在する。
そのどちらもニューヨークであるならば、いったい普通のニューヨーカーは何を考え、
どのように暮らしているのであろうか。
本書では哲学教授が留学体験を通して、
ニューヨークに棲息する様々な人々の姿をリアルに描く。
人口の4割を占める移民。
出身国は167、言語の数は116に及ぶ。
様々な価値観の衝突のなかで、コミュニティの棲み分けが進み、
次第に人々は定着していく。
ニューヨークの繁栄の陰には移民たちの壮絶なサバイバル事情が隠されているのだ。
このような多人種社会では倫理など役に立たない。
生き延びるには論理で相手の弱点を攻めるしかない。
大学の授業もバトルそのもの。
教師も生徒も実力主義のシビアな世界なのだ。
ガイドブックには描かれていない、ニューヨークという街の本当の姿がよくわかる好著である 」

「 ニューヨークの人口は800万。
うち4割はアメリカ以外の出身者、6割は非白人である。
116もの言語が飛び交うこの街で、人々は何を考え、どのように暮らしているのだろうか。
本書は、日本の哲学教授が、
ニューヨークに棲息する多種多様な人々のサバイバル生活事情をリアルにレポート。
「ハーレムでは年収2万ドル」
「コリアン対メキシカンの悲しい人種戦争」
「マンハッタンのアパート事情」
「マルクスを知らないアメリカ左翼」等々。
移民国家で生きてゆくことの意味を考えた、異色の留学体験記。

著者略歴

堀川哲

1947年、神戸市生まれ。法政大学経済学部卒業後、同大学院博士課程修了。
現在、札幌大学経済学部教授。専攻は、現代思想、社会学  」(内容紹介)





「青山 &  京都ライフ」:トップページに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

それでも暮らし続けたいパリ
松本 百合子
主婦と生活社
2016-02-26


「本当に豊かな日常がここにある――。
コンビニはない !
街は暗い !
路上には犬のウンチもちらほら……。
生活するのには何かと不便で、面倒。
そして、おおざっぱなフランス人。
テロも起こるなど、危険もいっぱい !
それでも引き寄せられる、住み続けたいと思わせるフランスならではの魅力を
15年以上もパリに暮らす著者が伝えてくれます。
1章 古くて懐かしい街並みとおおざっぱな下町的人情味
2章 あっさりとは対極の面倒で愛あふれる距離感
3章 「飲む」「食べる」「しゃべる」「休む」すべて、ゆっくり、たっぷり
4章 不便とイライラがちりばめられた、人間的な日常
5章 暗い街にひそむ、美しき光と危ない影
6章 人生はドラマティックな舞台 !  」(内容紹介)





「青山 &  京都ライフ」:トップページに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加



「 ニュートン力学のあとを受けた18~19世紀は、熱をめぐる世紀となった。
なぜ熱だったのか?
本書は、科学者・技術者の実験や論理を丹念に原典から読みとり、
思考の核心をえぐり、
現代からは見えにくくなった当時の共通認識にまで肉薄する壮大な熱学思想史。
迫力ある科学ドキュメントでもある。
後世が断ずる「愚かな誤り」が実はいかに精緻であったかがじっくりと語られる。
新版ともいえる全面改稿の全3巻。
第1巻は、熱の正体をさぐった熱力学前史。化学者ラヴォアジェが熱素説の下で化学の体系化をなしとげ、より解析的に熱を取り扱う道が拓かれるまで。

著者略歴

山本義隆

1941年、大阪府生まれ。東京大学理学部物理学科卒業。同大学院博士課程中退  」(内容紹介)






「青山 &  京都ライフ」:トップページに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

万葉集(現代語訳付)
佐佐木信綱
やまとうたeブックス
2018-06-29


「 佐佐木信綱博士の編になる岩波文庫版『万葉集』(新訂新訓本 昭和29・30年刊)に、
同博士の『評釈万葉集』(昭和29年完結)より抜き出した現代語訳を添えたものです。
全20巻4516首収録。広く・永く読み継がれてきた万葉集の校訂本文を、
格調高い訳文と共に読み味わって下さい。

※本文はリフロー型の電子テキストですので、語彙検索や文字サイズの拡大縮小、メモ機能・辞書機能などがご利用になれます 」(内容紹介)





「青山 &  京都ライフ」:トップページに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

深夜特急(1~6) 合本版
沢木 耕太郎
新潮社
2015-03-20


「 インドのデリーからイギリスのロンドンまで、乗合いバスで行く――。
ある日そう思い立った26歳の〈私〉は、仕事をすべて投げ出して旅に出た。
途中立ち寄った香港では、街の熱気に酔い痴れて、思わぬ長居をしてしまう。
マカオでは「大小(タイスウ)」というサイコロ賭博に魅せられ、あわや……。
一年以上にわたるユーラシア放浪が、いま始まった。
いざ、遠路2万キロ彼方のロンドンへ! 
※当電子版は『深夜特急』(1)~(6)の全六巻をまとめた合本版です 」(内容紹介)





「青山 &  京都ライフ」:トップページに戻る


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ