「 明治維新、日本初の小学校、大学設立、京都三大事業、近代建築物ラッシュ…
新島八重と夫・襄が過ごした京都。東京遷都による衰退から立ち直るべく、
教育・文明開化・近代化を進める古都。
人々の暮らしは大いに様変わりしていきます。
このMAPで、変革の時代を今に伝えるレトロでモダン溢れる建物たちや
遺跡(約560件)を巡る散策に是非お使いください。

◆内容

【表面】

京都市内全体図 縮尺…1:32,000 図取り…
比叡山・高雄・嵐山・大山崎・八幡・宇治・醍醐を含む。

【裏面】

市内中心部の拡大MAP 縮尺…1:15,000

※拡大図:河原町三条、岡崎、京都大学、伏見桃山

【別冊】

「地図索引」付き ここは見どころ! レトロな特選建物

■明治の大事業! 水路閣とインクライン、琵琶湖疏水記念館
■キャンパスに残る現役学舎(京都大学・同志社大学・龍谷大学等々)
■レトロな建物再利用(新風館・京都文化博物館別館・1928ビル等々)
■カフェーの風情を伝える(フランソア・ソワレ・築地・イノダコーヒー等々)
■開国の象徴キリスト教会(正ハリストス教会、聖アグネス教会等々)

出版社からのコメント

空襲の影響がなかった京都には多くの明治・大正の物件が残されています。
そんな物件を一枚の地図にまとめました !
この地図で、変革の時代を今に伝えるレトロでモダン溢れる建物たちや
遺跡(約560件)を巡る散策に是非お使いください。
地図内には多くの写真も掲載しています !   」

「 内容

明治の大事業(水路閣など)、キャンパスの現役学舎(同志社大学、京都大学など)、
カフェ喫茶(イノダコーヒーなど)など、
明治・大正から今に残るレトロでモダン溢れる建物を約560件地図上で紹介 !
表面は京都市内全体図の縮尺は3万2千分の1。
北は比叡山から宇治も含みます。
裏面の市内中心部拡大MAPの縮尺は1万5千分の1。
別冊で地図索引が付いています  」





「京都ライフ」:トップページに戻る