京都・快適トレードライフ !

京都に住む個人投資家のブログです。 東京(青山)にも別宅をかまえ二地域居住を実践中 ! よろしくお願いします。

カテゴリ:起業 & ビジネス > 電子書籍出版



「 今から取り組む中小出版社のミソ帳

つくるタイミングは制作を頼むのに、何が必要 電子書籍に取次はあるのか、必要か
デザインはどうする電子図書館はどうなってる
印税・契約はどうする

著者について

1956年東京生まれ。ポット出版代表。
1987年にデザイン事務所を立ち上げ、その後1989年にポット出版を設立。
1999年、出版社5社で版元ドットコムをつくり、
書誌・書影情報のデータベース化、ウエブサイトでの公開、
書店・取次など業界各所への自動転送、実売情報のデータベース化などに取組む。
版元ドットコムは2006年4月に有限責任事業組合となり、
2018年2月現在の会員社は264社となっている。
2011〜2014年3月、版元ドットコムから出向し、出版デジタル機構の設立に携わる。
現在、研究チーム・電書ラボ、JPO出版情報登録センター管理委員。
ポット出版における電子書籍の取組みは、
2000年に.book(ドットブック)での電子書籍出版を皮切りに、
2012年からは、紙本とEPUBでの電子書籍の新刊同時発行を始める 」(内容紹介)




「青山 &  京都ライフ」:トップページに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加



「 KDP(Kindle Direct Publishing)は、Amazon Kindleストアで電子書籍を販売するサービスです。
ユーザー登録を行うだけで、個人でも簡単に書籍を売ることができ、
実際にAmazon Kindleストアでは大量の個人作成の書籍が販売されています。
本書は、Word 2013を使った電子書籍の作成方法やノウハウから、
Amazon Kindkeストアへの登録方法、販売のテクニックまでを紹介します。
KDPで自分の本を売ってみたい方にオススメです。

内容

電子書籍をKindleストアで出版しよう!
Amazonで電子書籍の自費出版!
WordでKindle本をらくらく作成!制作から販売までを完全サポート!
SigilやEPUBの応用技もフォロー!

著者略歴

加藤/和幸

株式会社テクネコ代表取締役。外資系IT企業でコンサルタントとして勤務した後、
アクセサリーブランド会社の情報システム部長を経て、2006年に株式会社テクネコを設立。
中小企業の業務改善を支援している。
KDPの可能性に早くから注目し、2013年より自社のノウハウをKDPで出版している 」(内容紹介)




「青山 &  京都ライフ」:トップページに戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ